【2022年】飛び系ゴルフボールおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

飛距離を出したい方は、ディスタンス系のゴルフボールを選ぶとよいです。今回、ゴルフファイトでは、飛び系ゴルフボールの特徴、おすすめの飛び系ゴルフボール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の飛び系ゴルフボールをご紹介します。

ボール
スポンサーリンク

飛び系ゴルフボールの選び方

2022年D1ボール BT2201 ホワイト

ゴルフボールには大きく分けてスピンがかかりやすいスピンタイプのゴルフボールと、飛距離を出しやすいディスタンス系と言われる飛び系のゴルフボールがあります。
アマチュアの場合はどうしても飛距離が出るゴルフボールが欲しいと考えてしまいます。
そこで飛び系のゴルフボールを購入するときの選び方と注意点を紹介します。

選ぶポイント1:飛び系のゴルフボールの原理を知ろう

飛び系のゴルフボールは、コアは柔らかめの素材を使用し、外側は固めの素材を使用しています。
コアを柔らかくするのは、打点でコアがつぶれ、その反発力によってボールの初速を上げることで飛距離を出せるからです。

また外側に固めの素材を使うことで、スピン量が減少し吹き上がりが少なくなるので飛距離が出るのです。
このような技術の違いにより、飛び系のゴルフボールとスピン系のゴルフボールのドライバーの飛距離の差は10Y近くになるというというデータもあります。

選ぶポイント2:初心者は飛び系のゴルフボールを選ぼう

ゴルフの初心者は飛び系のボールを選ぶと良いでしょう。
初心者の多くはドライバーで右への大きなスライスに悩んでいる場合がよくあります。
これはアウトサイドインのスイング軌道のせいでスライスの回転が強くなりやすいからです。

飛び系のゴルフボールは回転数を減らす効果があるので、曲がりを少しでも減らすことが期待できます。
プロゴルファーの多くがスピン系を使用しているからといって、初心者がスピン系のゴルフボールを使うとゴルフボールの曲がりが大きくなってしまうおそれがあります。

選ぶポイント3:価格が気になる人は飛び系のゴルフボールを選ぼう

ゴルフボールの構造はコアとカバーの2層で作られているものから、なかには5層になっているゴルフボールもあります。
この層が増えるほど製造技術が難しくなるので、価格も上昇してしまいます。

スピン系のゴルフボールは3層から4層が中心ですが、飛び系のゴルフボールは2層から3層が中心です。
このように飛び系のゴルフボールの方が製造しやすいので価格を安くすることができます。

選ぶポイント4:非公認の飛び系ゴルフボールもある

スピン系のゴルフボールで非公認はあまり見かけませんが、飛び系のゴルフボールでは非公認のゴルフボールが多く販売されています。
ゴルフの公式競技では使用できませんが、プライベートなコンペなどでとにかく飛距離を出したいというゴルファーには向いています。

スポンサーリンク

【2022年最新版】飛び系ゴルフボールおすすめ人気6選

BRIDGESTONE(ブリヂストン)ゴルフボール EXTRA SOFT 2021年モデル 12球入 ホワイト

2021年から2022年に発売された新作の飛び系のゴルフボールについて、最新の人気おすすめランキング上位を紹介します。

【ホンマ】D1 ゴルフボール

本間が2022年3月16日から発売した2022年モデルの新製品で、4代目となります。
飛距離を追求するために新開発した「ロースピンラバーコア」が採用されています。
価格が非常に安いので人気が高まっているゴルフボールです。

【ブリヂストン】エクストラソフト ゴルフボール

2ピースのゴルフボールですが、柔らかい打感が特長です。
2ピースの場合、どうしても打感が固くなりがちですが、飛び系でもフェースに乗るような打感が欲しいゴルファーにはおすすめです。

【ダンロップ】マックスフライ EASE ID ゴルフボール

324個のディンプルにより空気抵抗を減らし、初速を上げることにフォーカスした2ピースのゴルフボールです。
価格も安いので初心者に人気のゴルフボールです。

【キャロウェイ】スーパーソフトMAX ゴルフボール

キャロウェイのスーパーソフトは2種類があり、MAXはヘッドスピードが遅い人向けに開発された製品で、初心者やシニアに向いています。
普通のゴルフボールより0.05インチほど大きいのが特長です。

【キャスコ】キャスコエース ゴルフボール

ゴルフボールの初速値が制限ぎりぎりになるようにコアを調整した3ピースの飛び系ゴルフボールです。
ディンプルの大きさを大きくしていることで空気抵抗を抑え、打ちだしと落ち際の空気抵抗を低減する技術を採用しています。

【トビエモン】飛衛門マットカラー R&A公認球

トビエモンは飛距離に特化した高反発の非公認球も製造していますが、ここで紹介するゴルフボールは公認球です。
このマットカラーのシリーズはラフでも見つけやすく、選択できる色も多くあるので同伴者のボールとの見分けが楽なボールです。

スポンサーリンク

飛び系ゴルフボールについてまとめ

DUNLOP(ダンロップ) マックスフライ MAXFLI EASE ID2 1DZ(12球) [ホワイト] ゴルフボール スーパーソフト ディスタンス系 飛距離重視 日本製 MADE IN JAPAN

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2022年】飛び系ゴルフボールおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 飛び系ゴルフボールの選び方
  • 【2022年最新版】飛び系ゴルフボールおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

年会費59,800円でラウンドし放題!?

2021年6月1日サービス提供開始のTeeRex

なんと、年会費59,800円でラウンドし放題(入会金0円)という革新的なサブスクリプションサービスです。

  • 周り放題対象のコースは全18コース(関東・近畿・東海)※2022年4月現在
  • 平日ならプレー費無料!
  • 土日祝も追加費用でプレー可能!
  • 会員期限は安心の初回ラウンド日から1年間!
  • 1人予約可
  • ゴルフ友達を増やせる

もし、どんなサービスなのか気になったという方は、こちらから確認してみてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】短尺ドライバーおすすめ人気ランキング7選!メリットやコスパ最強製品も
ゴルファー必見!今大注目されている短尺ドライバーまとめ!今回、ゴルフファイトでは、短尺ドライバーの特徴、おすすめの短尺ド...
【2022年】長尺のパターおすすめ人気ランキング7選!メリットやコスパ最強製品も
2022年の今、ゴルファーの皆さんにおすすめしたい長尺のパターの選び方とまとめ!今回、ゴルフファイトでは、長尺のパターの...
【2022年】長尺ドライバーおすすめ人気ランキング7選!メリットやコスパ最強製品も
今ゴルファーの皆さんにおすすめする長尺ドライバー!今回、ゴルフファイトでは、長尺ドライバーの特徴、おすすめの長尺ドライバ...
【2022年】超短尺ドライバーおすすめ人気ランキング7選!メリットやコスパ最強製品も
スコアを安定させるために、超短尺ドライバーを選ぶという方が増えています。今回、ゴルフファイトでは、超短尺ドライバーの特徴...
【2022年】短尺パターおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
短尺パターは、プロゴルファーでも愛用している人が多いです。今回、ゴルフファイトでは、短尺パターの特徴、おすすめの短尺パタ...

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ゴルフボール
GOLF FIGHT