【2022年】パターマットおすすめ人気ランキング7選!選び方やコスパ最強製品も

自宅でのパターの練習にパターマットが選ぼうとしているあなたに必見!今回、ゴルフファイトでは、パターマットの特徴、おすすめのパターマット、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のパターマットをご紹介します。

パター
スポンサーリンク

パターマットの選び方

ダイヤ(DAIYA GOLF) ダイヤパターグリーンHD2020 TR-475

パターマットの選び方を紹介します。

選ぶポイント1:マットの長さで選ぶ

パターマットは、屋内用の30cm、2m、3mのものや、屋外でも使用できる6m、10mなどといった大型の長いタイプのものまで、さまざまです。

自分の練習方法に応じて、長さを選ぶようにしましょう。
長さの目安として6畳の部屋では、斜めにしても3mのパターマットでなんとか入るといった感じです。

5m以上のものは、屋外での使用を考えるべきでしょう。

選ぶポイント2:付属の機能で選ぶ

パターマットも最新のものは、付属の機能がとても充実しています。

例えば、自動返球機能やオートリターン機能といった表示があるものは、パットを打つと自動でボールを押し戻してくれるので、練習効率は抜群です。

また、パターを立てる場所があったり、カップも複数あったりと色々な付属機能があります。
その他、階下の人に「うるさい」と言われないためにも、防音効果があるものや、カーペットを汚さない仕様になっているものがおすすめです。

選ぶポイント3:芝で選ぶ

パターマットの芝は高品質のものから、粗いビニールで作ったような安価なものまで、さまざまなものがあります。
しかしながら、練習効果を望むのであれば、少し高価でも実際のグリーンに近い芝を選んだ方がいいでしょう。

100均のアイテムを使って手作りしたり、ホームセンターで売っている芝で自作するのもいいですが、実際のグリーンと全く違う質感で練習をしてもあまり効果がなく、意味ないものになるでしょう。

選ぶポイント4:収納・外観で選ぶ

戸建て、マンションに関わらず、パターマットは非常に場所をとるものです。
しかし、パターマット自体の外観がインテリアのようにおしゃれなものであれば、常時だしておいても、比較的、目ざわりにはならないものです。

また、ほとんどのパターマットは使用しない時には丸めて収納ができるようになっています。
自身の使用頻度にあわせて、外観や収納の便利さで選ぶのもいいでしょう。

スポンサーリンク

【2022年最新版】パターマットおすすめ人気7選

Smaly ゴルフ練習用パターマット パッティングマット 特大サイズ 300×100cm SMALY-GPM1 [グリーン/パッティング/アプローチ]

2020年から2021年にかけて発売された新作、2022年最新モデルの中から、人気のものを紹介します。
どれも人気ランキング上位のおすすめ商品ですので、選んでみてください。

【ダイヤゴルフ】ダイヤパターグリーンHD

実際のグリーンに近い芝の状態を再現したパターマットです。
起伏のないフラットなタイプで、マットの幅が少し狭いですが、中央に走るラインは6㎝あり、ラインに沿って真っすぐ打つ練習をしたい方にはおすすめです。

/

【Smaly】パッティングマット 特大サイズ 300×100cm SMALY-GPM1

リアルな形状を持った、3mの本格パターマットです。
カップは位置を変えて5つあり、いろいろなパットがマスターできます。

カップの周りに傾斜がありますので、「傾斜を制する」練習には最適なパターマットです。

/

【Saplize】ゴルフパター練習用マット

とにかく付属品と機能が多い、優れもののパターマットです。
マットに芝目があり、どちらの端から打つかによって転がる速さが変わります。

また、ポジションの確認するためのアライメントミラーや、スロープ、ターゲットカップといった付属品も充実しており、人気のパターマットです。

/

【PROゴルフショップ】日本製 スーパーベント パターマット

「パターマット工房proゴルフショップ 」というプロ集団が作成した本格パターマットで、このシリーズは売れ筋のパターマットになっています。

日本のベント芝を忠実に再現しており、機能面より芝の精度にとことんこだわったパターマットです。
長さも4mあり、リアルなグリーン練習が可能です。

/

【MEARTEVE】パターマット

木材で作られた屋内用多機能パターマットです。

速さの違う人工芝や、傾斜、自動返球機能など、練習に必要なものは全て揃っています
また、パター置き場や防音設計も充実しており、折り目がつかないように丸めて収納が可能になっています。

インテリアのようなおしゃれな外観もおすすめのポイントです。

/

【X XBEN】ゴルフパター マット

リーズナブルな価格で選ぶなら、このパターマットがおすすめです。

持ち運び用の袋も付属しており、好きな時に、好きな場所で練習ができる便利なアイテムです。
値段も安いので、ひとつ車にでも積んでおけば、いつでもどこでもパット練習ができます。

忙しく、アクティブなゴルファーにおすすめのパターマットです。

/

【Surmor】ゴルフ練習用マット

30×60cm程度の2022年発売パターマットです。
ボールのドロップポイントを分析することで、スイングの姿勢や強弱などの修正をするなど効果的な練習が期待できます。

耐久性のある素材で摩耗が起きにくく、長く使用できます。
簡単に折りたたむことができ、持ち運びが容易で練習に場所を選ばない点も大きな特徴です。

スポンサーリンク

パターマットについてまとめ

Saplize セープライズゴルフパター練習用マット ダブルスピード式 ミラー・スロープ・ターゲットカップ・ボールストッパー付き 50*305cm

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2022年】パターマットおすすめ人気ランキング7選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • パターマットの選び方
  • 【2022年最新版】パターマットおすすめ人気7選

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

年会費59,800円でラウンドし放題!?

2021年6月1日サービス提供開始のTeeRex

なんと、年会費59,800円でラウンドし放題(入会金0円)という革新的なサブスクリプションサービスです。

  • 周り放題対象のコースは全18コース(関東・近畿・東海)※2022年4月現在
  • 平日ならプレー費無料!
  • 土日祝も追加費用でプレー可能!
  • 会員期限は安心の初回ラウンド日から1年間!
  • 1人予約可
  • ゴルフ友達を増やせる

もし、どんなサービスなのか気になったという方は、こちらから確認してみてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】長尺のパターおすすめ人気ランキング7選!メリットやコスパ最強製品も
2022年の今、ゴルファーの皆さんにおすすめしたい長尺のパターの選び方とまとめ!今回、ゴルフファイトでは、長尺のパターの...
【2022年】短尺パターおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
短尺パターは、プロゴルファーでも愛用している人が多いです。今回、ゴルフファイトでは、短尺パターの特徴、おすすめの短尺パタ...
【2022年】高級パターおすすめランキング5選!普通のパターとの違いとは?
ゴルフのスコアを大きく左右するパター。今回、ゴルフファイトでは、高級パターの選び方や2022年最新のおすすめの商品・新製...
【2022年】名器パターおすすめ人気8選!歴史的名器から初心者向けまで
ゴルフにおいて大きくスコアを左右するのがパターの良し悪しです。できる限り、名器と呼ばれる良い製品を使いたいものです。今回...
【2022年】初心者向けパターおすすめ人気ランキング8選!選び方・打ち方も解説
初心者がスコアを改善するのに最も手っ取り早いのがパターです。今回、ゴルフファイトでは、初心者向けパターの選び方や2022...

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

パター
GOLF FIGHT