【2021年】重いドライバーおすすめ人気4選!ヘッドスピードによる最適な重量とは?

最近、軽いドライバーではなく、重いドライバーを使った方が良いと考える人が増えています。今回、ゴルフファイトでは、重いドライバーを使うメリット・デメリットや、ヘッドスピード別の最適なドライバーの重量、2021年最新のおすすめの重いドライバーをご紹介。ぜひご覧ください。

ドライバー
スポンサーリンク

重いドライバーを使うメリット

テーラーメイド SIM2 MAX ドライバー Kuro Kage 第5世代 Silver 60 カーボンシャフト装着 USA直輸入品 10.5/R

重いドライバーを使うメリットは、飛距離が出ることです。
重い方がボールへのインパクトが強くなり強い打球が出るため飛距離がでます

もちろん、振り切れる範囲での重いクラブが推奨されていますので、そこは注意が必要です。
重いドライバーシャフトを使うメリットを整理すると次のようになります。

メリット1:安定したスイングができる

ドライバーシャフトが軽いとどうしても手打ちになってしまいやすいですが、重いことで体全体の力で振り切ることができるため、スイングが安定します

メリット2:ボールの方向性が安定される

フェアウェイとラフでは全然違うためボールの方向性が安定することはとても大切です。

メリット3:飛距離がのびる

スイングウエイトが重いとヘッドスピードだけでなく、ヘッドの重みでシャフトがしなることで強いインパクトがしやすくなり飛距離がのびます

スポンサーリンク

重いドライバーを使うデメリット

キャロウェイ(Callaway) ドライバー EPIC MAX メンズ 右利き用 ロフト10.5° フレックスSR 【カタログ純正シャフト装着モデル】 シャフトDiamana 40 for Callaway 2021年モデル 4D251514W500 シルバー 中

重いドライバーを使うデメリットは、ヘッドスピードを低下させてしまうことです。
自分の力で振りぬくことができなくなるためヘッドスピードが低下し本来の飛距離がでなくなってしまいます。
重いドライバーシャフトを使うデメリットを整理すると次のようになります。

デメリット1:スイングバランスが崩れる

重いと振り切れなくなってしまい無理のあるスイングになってしまいます
また振り遅れてしまうことでスライスが出たり、ダフリのミスが出たりします。

デメリット2:飛距離がでない

自分の力で振り切れないことでヘッドスピードが低下してしまい飛距離が伸びにくくなります

デメリット3:ラウンド疲れが出やすい

ドライバーはクラブの中でも体に負荷がかかるクラブですが、さらに重いと負担がかなりのものになります
後半になると徐々に調子が落ちていったり、腰を悪くしたりします。

スポンサーリンク

【ヘッドスピード別】ドライバーの重量目安

ピン(ピン) G425 MAX ドライバー(ロフト10.5度)TOUR 173-65 (S/Men's)

実際のオススメドライバーを紹介する前に、ドライバー毎の重量目安をご紹介します。

  • 平均ヘッドスピードが44m/s以上:ドライバーの総重量315g以上
  • 平均ヘッドスピードが40~47m/s:ドライバーの総重量300~315g
  • 平均ヘッドスピードが38~45m/s:ドライバーの総重量290~300g
  • 平均ヘッドスピードが35~42m/s:ドライバーの総重量270~290g
スポンサーリンク

【2021年最新版】重いドライバーおすすめ人気4選

タイトリストドライバー【カタログ純正シャフト装着モデル】TSI3TSP322TOURS9ブラック

2021年最新版の重いドライバーおすすめ人気4選をランキング形式でご紹介します。

【テーラーメイド】SIMS2 MAX ドライバー

テーラーメイド SIMS2 MAXは、2021年発売の新作ドライバーです。
新構造の設計によって高慣性モーメントを実現し、ゴルファーの求める高弾道、高初速、寛容性、飛距離の共存を実現することができます

また、大型フェースでやさしさも兼ね備えています。
幅広い方におすすめのモデルです。

【キャロウェイ】EPIC MAX ドライバー

キャロウェイ EPIC MAXは、2021年発売のモデルです。
AIが専用設計したFLASHフェースSS21が搭載されており、どの部分でヒットしても今までにないほどのボールスピードと高弾道を実現することができます
また、ドローバイアス設計でボールを楽に捕まえることができます。

【ピン】G425 MAX ドライバー

ピン G425 MAXは、2020年発売のモデルのドライバーです。
ヘッドが進化しGシリーズ史上最大値の上下左右で高MOIに進化しているので、どのポジションから叩いてもブレないヘッドとなっています
またインパクト時の空気抵抗を抑えたことで大型ヘッドでも安定して振り切ることが出来ます。

【タイトリスト】TSi3 ドライバー

タイトリスト TSi3は、2020年に発売されたドライバーです。
空力性能を大幅に向上させたことで、いつものようにスイングするだけでボールスピードの向上を実感できるモデルです
ロングショットに大きな自信を与えてくれるおすすめのモデルです。

スポンサーリンク

重いドライバーについてまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2021年】重いドライバーおすすめ人気4選!ヘッドスピードによる最適な重量とは?」というテーマに沿って、

  • 重いドライバーを使うメリット
  • 重いドライバーを使うデメリット
  • 【ヘッドスピード別】ドライバーの重量目安
  • 【2021年最新版】重いドライバーおすすめ人気4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】名器ドライバーおすすめ人気ランキング6選!選び方のコツもご紹介
ゴルフをするにあたって欠かせない存在であるドライバー。今回、ゴルフファイトでは、名器ドライバーの選び方や2021年最新の…
【2021年】初心者向けドライバーおすすめ人気ランキング8選!選び方・打ち方もご紹介
初心者が最初につまずくことの多いドライバー。今回、ゴルフファイトでは、初心者向けドライバーの選び方や2021年最新のおす…
【2021年】飛距離の出るドライバーおすすめ人気ランキング8選!選び方・打ち方
ドライバーは、全てのゴルフクラブの中で最も飛距離を出すことのできるクラブです。今回、ゴルフファイトでは、飛距離の出るドラ…
【2021年】飛距離の出るレディースドライバーおすすめ人気ランキング6選!
女性ゴルファーにとって非常に大きな問題なのがドライバーの飛距離。伸び悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?今回、…
【2021年】やさしいドライバーおすすめ人気ランキング9選!特徴や選び方もご紹介
ドライバーは、初心者から上級者まで使いこなすのが難しいクラブです。今回、ゴルフファイトでは、やさしいドライバーの選び方や…

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ドライバー
GOLF FIGHT