【2022年】50度のウェッジおすすめ人気ランキング8選!選び方や使い方もご紹介

50度のウェッジは、どのような製品を選ぶと良いのでしょうか?今回、ゴルフファイトでは、50度のウェッジの選び方や2022年最新のおすすめの商品・新製品をご紹介。ぜひご覧ください。

ウェッジ
スポンサーリンク

50度のウェッジのメリット・特徴

TITLEIST(タイトリスト)ボーケイ・デザインSM8ウエッジ【カタログ純正シャフト装着モデル】ツアークロームシャフト:DynamicGoldロフト角:50度ライ角:12度グラインド:F839RSF5012J

この記事を読むことによって、以下の事が分かります。

  • 50度ウェッジを使用するメリット、どういった特徴があるのか
  • 初心者におすすめの50度ウェッジの選び方
  • 2020年、2021年度 50度ウェッジのおすすめ人気6選
  • 50度ウェッジおすすめの使い方と打ち方

では、早速50度のウェッジを使うメリットとその特徴をご紹介します。

50番のウェッジを使うメリット

まず、50度ウェッジを使用するにあたってのメリットとして、以下の点が挙げられます

  • スピンがかかりすぎず、100ヤードが楽に打てるようになる。
  • PW(ピッチングウェッジ)とSW(サンドウェッジ)の間ぐらいの飛距離が狙える。
  • 52番と同じくAP(アプローチウェッジ)とも呼ばれることもあり、グリーン周りからのアプローチが得意である。

50番のウェッジの特徴

次に、50度ウェッジの特徴を解説していきます。

  • 弾道が高くなりやすく、障害物を避けることが出来る。
  • 浮かせて落とした場所から転がして、距離を調整する(ピッチ&ラン)に適している。

などがあげられます。

スポンサーリンク

50度のウェッジの選び方

無刻印 ウェッジ ゴルフクラブ 新溝 ルール適合 Wedge 豊富なロフトバリエーション 12番手 (52)

次に初心者におすすめする、50度ウェッジの選び方の『ポイント』について解説していきます。

選ぶポイント1:ソール

まず、なるべく幅広く設計されている形状、モデルを選ぶようにしましょう
ダフリといったミスも軽減でき、バンカーからボールを脱出させやすいです。

選ぶポイント2:シャフトの重さ

また、シャフトの重さですが、基本アイアンと同等の物を選ぶようにしましょう
シャフト重量が重すぎると、体を使ってクラブを持ち上げる動きになってしまいます。

この動きが出てしまうとテイクバックで体の右側が伸びてしまい、その反動で体の右側が縮み、ダフリのミスが発生しやすくなってしまいます。

選ぶポイント3:バウンス角の大きさ

バウンス角が少なすぎると、ヘッドが深く刺さってしまい、ヘッドの抜けが悪くなってしまう事が起きる可能性があります。
かといって、逆に大きすぎると先にソールが接地してしまうため、コントロールが難しくなります。

初心者の方は、まずは基本とされる大きさのバウンス角のウェッジを選ぶようにしましょう

スポンサーリンク

【2022年最新版】50度のウェッジおすすめ人気8選

キャロウェイ (Callaway) 右用 ウェッジ JAWS FORGED クロム 56-12 CG N.S.PRO 950 GH neo(S) メンズ

2020年・2021年モデルから50度ウェッジのおすすめ人気6選をランキング形式で紹介していきます。

タイトリスト(TITLEIST)

【TITLEIST】ボーケイ・デザイン SM8

多数のソールグラインドが用意されており、あらゆるライ・プレーヤーに愛されており、2020年に発売されましたが、文句なしの人気を誇り、世界のプロゴルファーツアーでNo.1の使用率を誇ります。

ソール形状も多様性があり、おすすめ度はNo.1です。

ウェッジ界をリードしてきたボーケイ独自の溝設計により、あらゆるプレイヤーのニーズに応えられます。

オリジナルブランド

【アマゾンオリジナルブランド】ウェッジ ゴルフクラブ

初心者・ゴルフ入門に最適

多種多様、豊富なロフトバリエーションを展開しており、お値段もお手頃価格。

海外より直接輸入を行う事により、海外工場で一貫製造に取り組み、中間コストを徹底的に削減しています。

  • これからゴルフを始めたい
  • 買い替えたいが、高いものばかりで手が出せない

この様な声に応えるために、驚きの価格を実現しています。

オーソドックスなストレートネック形状なので、ラフや芝に沈んでしまったボールでも打ちやすいように設計されています。
バウンスがしっかりついているので、バンカーからの脱出にも問題ありません。

初心者や入門者の方、まずはこの1本から購入してみてはどうでしょうか?

キャロウェイ(Callaway)

【キャロウェイ】JAWS FORGED ウェッジ

キャロウェイ魅力の軟鉄構造により、柔らかい打感と優れた操作性を実現
石川遼プロが約6年ぶりにウェッジを変更し、話題となったモデルです。

元々定評のあったスピン性能をさらに高めるため、既存モデルよりもフェース面の溝を鈍角に加工されています。
これによりライや状況を選ばずに、スピン性能を強化されています。

細部にわたっての緻密な加工。
メーカー側のこだわりを感じさせる逸品となっています。

テーラーメイド(TAYLOR MADE)

【TAYLOR MADE】ミルドグラインド3

コンピュータ制御にて精密加工を実現し、マスターヘッドと寸分も狂わないソール形状が全製品を対象として展開されています。

ミルドグラインド2で採用されている「ノンメッキフェース」をそのまま継承し、新作ミルドグラインド3では、高度な加工技術により生み出された新テクノロジー、「レイズドマイクロリブ」によって、難しいショットも可能としています。

また、番手ごとにトウ(先端)側の肉厚を最適化する事より、シビアな重心位置をフェース中央部へ移動させ、打感と打音、両方の質の向上に貢献しています

DUNLOP

【クリーブランドゴルフ】RTX ZIPCORE

ネック部分に軽いセラミックピンを挿入することにより、初速とスピン量の安定を実現
トウ(先端)側でヒットした場合でも優れたスピン性能により、飛距離とスピン量を維持することが出来ます。

余剰重量がトウ(先端)側に配置されていることにより、重心位置が打点位置と近づいているため、初速とスピン量が安定しており、なおかつ打感も良いです。

また、溝の数を多く配置されていることにより、繊細なスピンコントロール性能にも優れています。

キャロウェイ(Callaway)

【キャロウェイ】ウェッジ MACK DADDY CB

ビッグサイズのヘッドが採用されており、優れたスピン性能とミスヒットへの強さに定評があります

また、アプローチウェッジ系のロフトと・ロブウェッジ系のロフトで、ソール形状を変化させる工夫も加えられています。

さらに、JAWS ウェッジのWグラインドをベースにしてバウンス角を増やし、深いラフやバンカーから楽に脱出できるように設計されています。

タイトリスト(TITLEIST)

【タイトリスト】ボーケイ SM9

世界でも大人気のタイトリストボーケイシリーズから、2022年2月に発売の、最新モデルのウェッジです。

よりフラットな弾道を可能にしており、ピンに向かってラインを出しやすいのが特徴です。
さらにスピン性能も高く、思い通りのプレーをサポートしてくれます。

しっかりとラインを出してフラットな弾道でピンを狙っていきたいと言った方におすすめのウェッジです。

Ping

【ピン】グライド4.0ウェッジ Sグラインド

ピンのグライド4.0ウェッジは、2022年に発売される最新の50度のウェッジです。
グライドシリーズの中でもSグラインドは、あらゆるライからでも対応できる万能なウェッジとなります。

極限まで重量が計算された構造によってミスヒットに強いウェッジになります。
100ヤード以下のショットでダフリやトップが出る方へおすすめです。

スポンサーリンク

50度のウェッジの使い方・打ち方

TAYLOR MADE(テーラーメイド) ミルドグラインド3 ウェッジ アイアン N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 スチールシャフト メンズゴルフクラブ 右 ロフト角 : 56.12度 フレックス : S

最後に、50度ウェッジの基本的な使い方・打ち方について解説していきます。

50番ウェッジが活躍する場面

どのようなタイミングで50番ウェッジは活躍するのでしょうか

その使い方は、以下の通りです。

  • グリーン周りからのアプローチ、バンカーショットが必要な場面
  • ある程度、距離のある場所からのコントロールショットが求められる場面
  • 弾道の高いボールを打つことができ、障害物がある場所、深いラフでボールが埋まっている場面

50番ウェッジの打ち方

また、50番ウェッジは以下のように打ちます。

  • 両足を肩幅、もしくはやや狭いくらいに広げて、体重を左右均等に乗せる
  • 足踏みの感覚とお腹の回転を意識して、両者を「リンク」させることが重要
  • 足踏みの出力を利用してスイングをコントロールし、自分の望む距離感を調整する

以下、打ち方の基本について大西プロの動画を参考にしてみてください

スポンサーリンク

50度のウェッジについてまとめ

クリーブランドゴルフ(Cleveland Golf) ウエッジ RTX ZIPCORE ツアーサテン 58(Mid)10 【カタログ純正シャフト装着モデル】 ダイナミックゴールドシャフト メンズ 右利き ロフト角:58度 フレックス:S200

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2022年】50度のウェッジおすすめ人気ランキング8選!選び方や使い方もご紹介」というテーマに沿って、

  • 50度のウェッジのメリット・特徴
  • 50度のウェッジの選び方
  • 【2022年最新版】50度のウェッジおすすめ人気8選
  • 50度のウェッジの使い方・打ち方

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ゴルフ初心者ストア(Amazon)はこちら!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ウェッジおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
短距離の打ち分けには超重要!今知って欲しいウェッジ厳選集はこちら!今回、ゴルフファイトでは、ウェッジの特徴、おすすめのウ...
【2022年】初心者向けウェッジおすすめ人気ランキング9選!選び方・本数もご紹介
ウェッジは、ゴルフのスコアアップには欠かせない存在です。今回、ゴルフファイトでは、初心者向けウェッジの選び方や2022年...
【2022年】やさしいウェッジおすすめ人気ランキング11選!特徴や選び方もご紹介
様々な場面で活躍するウェッジ。今回、ゴルフファイトでは、やさしいウェッジの選び方や2022年最新のおすすめの商品・新製品...
【2022年】アプローチウェッジおすすめ人気ランキング8選!選び方・必要性を解説
ウェッジの中でもピッチングウェッジについで飛距離の出るアプローチウェッジ(AW)。今回、ゴルフファイトでは、アプローチウ...
【2022年】60度のウェッジおすすめ人気ランキング8選!選び方や使い方もご紹介
多くのプロゴルファーが1つは持ち歩いている60度のウェッジですが、アマチュアでも必要性はあるのでしょうか?今回、ゴルフフ...

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ウェッジ
GOLF FIGHT