【2022年】60度のウェッジおすすめ人気ランキング8選!選び方や使い方もご紹介

多くのプロゴルファーが1つは持ち歩いている60度のウェッジですが、アマチュアでも必要性はあるのでしょうか?今回、ゴルフファイトでは、60度のウェッジの選び方や使い方、2022年最新のおすすめの商品・新製品をご紹介。ぜひご覧ください。

ウェッジ
スポンサーリンク

60度のウェッジの特徴・選び方

ウェッジは主に100ヤード以内での近距離のショットで使うクラブです。

ウェッジはロフト角により呼称が異なりますが、ロフト角が60度以上のウェッジを「ロブウェッジ」と呼びます。

ロブウェッジは、通常のクラブよりボールが高く上がり、飛びすぎない特徴があります。
そのため、グリーンの傾斜がきついコースなど、ランを考慮してのアプローチが難しい状況で有効なショットが打てるクラブです。
海外のトッププロのクラブセッティングでは、よく60度以上のウェッジが入っています。

60度のウェッジは扱いが難しく、ダルマ落としなどの大きなミスをしやすいことからアマチュアでは必要性がないという意見が多いようです。

その一方で、アマチュアでもロブウェッジを有効活用できるという意見もあります。
60度のウェッジは飛距離がでないため、フルショットでしっかり振りぬくことができます。
飛距離が出づらい特徴を利用して、局面を絞って使うことで、スコアメイクに重宝する一本となります

選ぶポイント1:バウンス角

バンカーで使う場合は、バウンス角が10度以上のクラブを使う方が地面に刺さりにくく、バンカーから脱出しやすくなります
アプローチでも使いたい場合は、バウンス角は8~10度のものがおすすめです。
ソールとの相性もあり、幅広ソールには比較的小さめのバウンスが合います。

選ぶポイント2:ソール形状

ソールの幅が広いとインパクトで多少ダフっても、ソールが走ってボールを拾ってくれるため、ミスを減らすことができます。
上級者で抜けの良いクラブの方が好きな場合は、ソール幅の狭いものを使うのもよいでしょう。

選ぶポイント3:シャフト

60度のウェッジは重くて硬い、スチールシャフトがおすすめです。
飛距離を求めるクラブではないため、インパクトする際にシャフトが安定する重さが大切です。
手持ちのアイアンとのバランスを考慮して、自分に合った重さのシャフトを選んでみてください。

スポンサーリンク

【2022年最新版】60度のウェッジおすすめ人気8選

FOURTEEN(フォーティーン) ウェッジ RM-4 メッキ仕上げ #60-S TS101Wスチール メンズ 右利き用 ロフト角:60度 ソール:Sソール 番手:#60S

では、2022年最新版60度のウェッジおすすめ人気ランキング6選を紹介します。

キャロウェイ(Callaway)

【キャロウェイ】JAWS FORGED ウェッジ

キャロウェイ社が販売するJAWS FORGED ウェッジは、2020年以降に発売された商品です。
2019年に発売して以降人気の「JAWS ウェッジ」の安定したスピン性能を引き継ぎながら、軟鉄鍛造で仕上げられたニューモデルです。
芯で捉えた際には吸い付くような打感と心地よい音が得られます。
気持ちの良い打感と操作性を求める上級者におすすめのモデルです。

フォーティーン(FOURTEEN)

【フォーティーン】RM-4

フォーティーン社が2020年に発売したRM-4は、トゥヒール方向に厚みの変化をつけた新技術のステップブレード設計を用いた商品です。
56~60度のハイロフトはヒール寄りにボリュームを持たせて操作性を高めています

ソールは、全体的にボリュームを持たせてオールマイティーに使いやすい「S」タイプと、フェースの開閉に順応しテクニックを使いやすい「H」の2種類から選択できます。
シャフトの標準ラインナップは、125gのチールシャフトと111gのスチールシャフトの2つがあります。

ノーブランド品

【テ―ラーメイド】HI-TOE RAW(ハイ・トウ ロウ)ウェッジ

テーラーメイド社が2021年に発売したハイ・トウ ロウ ウェッジは、従来のハイ・トウ ウェッジに更なるスピン性能がプラスされた商品です。
フェース面のスコアラインがフルライン並んでいることで、フェースを開いている場合でも、安定したスピンがかかります

ソールは「LB(ローバウンス)」「SB(スタンダートバウンス)」「BF(ビッグフット=ハイバウンス)」の3タイプがあります。
打点がばらつく場合には、ビッグフットタイプを利用する方が安定します。

DUNLOP

【クリーブランド】RTX ZIPCORE ウェッジ

クリーブランド社が2020年に発売したRTX ZIPCORE ウェッジは、米国「Golf Digest」誌が発表するホットリスト2021で金賞を受賞したクラブです。
ユーザーの打点位置と重心位置を近づけたことで、ボール初速とスピン量が安定し、打感も向上しました。
芯を外した時も安定感があり、ミスしにくい設計となっています。
ソールは「FULl」「MID」「LOW」の3タイプがあり、スイングタイプやコンディションに合わせて使いやすいものを選択できます。

キャロウェイ(Callaway)

【キャロウェイ】マックダディ CB ウェッジ

キャロウェイ社が2020年に発売したマックダディCBウェッジは、は、大きめのヘッドとミスに強いキャビディバックを採用しており、やさしく使えるクラブです。
ソール形状はとても幅が広く、突き刺さらずに芝を滑りやすい形状です。
60度のウェッジのバウンス角は12度で、深いラフやバンカーから楽に脱出しやすくなっています。

【ラズルダズル】CS-05W ウェッジ

2015年に誕生した新興メーカーの「ラズルダズル」が、2021年に新作のCS-05Wウェッジを発売しました。
ソール全体でバウンス効果を発揮し、フルショットでは安定した飛距離が出て、深いラフなどの悪条件で活躍するクラブです。

リーディングエッジが前方にでた出っ歯気味の形状で、フェースを開いても打ちやすいクラブです。
ロフト角60度のウェッジのバウンスは13度です。
20度近い超ハイバウンスのCS-05W.vウェッジも販売されています。

フォーティーン(FOURTEEN)

【フォーティーン】DJー5 ウェッジ

フォーティーンから、2021年12月に発売の最新モデルです。

プロのような技術がなくてもスピンをかけられ、やさしく寄せられるウェッジとなっています。
ざっくりのミスを軽減し、打ち込んでもささらずに抜け感があり、さらに振り抜きが良いといった感性が特徴です。

ウェッジに自信がない方で、60度のウェッジを使用したいといった方に、ピッタリの商品です。

Ping

【ピン】グライド 4.0 ウェッジ

ピンから2022年に発売される、最新の60度のウェッジです。
疎水性の高いフェース構造になっていますので、濡れた状態やラフからでも安定したスピンを可能にしてピンに寄せやすくなっています。
ヘッド素材は軟鉄8620カーボンスチールを採用しており、極限まで重量が計算された構造により、ミスヒットに強い60度のウェッジになります。

スポンサーリンク

60度のウェッジの使い方・打ち方

受注生産モデル ハイ・トウ ロウ ウェッジ HI-TOE RAW WEDGE テーラーメイド ロフト角/バウンス角:60/10 シャフト:N.S.PRO 950GH neo フレックス:S グリップ:TM_TOUR_VELVET_60R(49.5g_M60_BL無)

60度のウェッジの場合、思い切り振っても飛距離が出ません。
アプローチショットは、自然に思い切り振って飛ぶ距離を知っておくと、短い距離の打ち分けがしやすくなります。

ロブショットは、フェースを開き、オープンに構えて打ちます。
目線を高くして、フィニッシュまで右足に体重を残すようにして、大きくフルスイングします

バンカーショットは、フェースを開き、ハンドレイトに構えて打つとミスをしにくくなります。
60度のウェッジではロフト角が寝ているため、特別打ち方を変えずに通常のアプローチと同じスイングでも高く打ちやすくなります。

ロブショットの打ち方はこちら。

バンカーショットの打ち方はこちら。

スポンサーリンク

60度のウェッジについてまとめ

クリーブランドゴルフ(Cleveland Golf) ウエッジ RTX ZIPCORE ブラックサテン 60(Mid)10 【カタログ純正シャフト装着モデル】 N.S.PRO 950GH スチールシャフト メンズ 右利き ロフト角:60度フレックス:S

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2022年】60度のウェッジおすすめ人気ランキング8選!選び方や使い方もご紹介」というテーマに沿って、

  • 60度のウェッジの特徴・選び方
  • 【2022年最新版】60度のウェッジおすすめ人気8選
  • 60度のウェッジの使い方・打ち方

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ゴルフ初心者ストア(Amazon)はこちら!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ウェッジおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
短距離の打ち分けには超重要!今知って欲しいウェッジ厳選集はこちら!今回、ゴルフファイトでは、ウェッジの特徴、おすすめのウ...
【2022年】初心者向けウェッジおすすめ人気ランキング9選!選び方・本数もご紹介
ウェッジは、ゴルフのスコアアップには欠かせない存在です。今回、ゴルフファイトでは、初心者向けウェッジの選び方や2022年...
【2022年】やさしいウェッジおすすめ人気ランキング11選!特徴や選び方もご紹介
様々な場面で活躍するウェッジ。今回、ゴルフファイトでは、やさしいウェッジの選び方や2022年最新のおすすめの商品・新製品...
【2022年】アプローチウェッジおすすめ人気ランキング8選!選び方・必要性を解説
ウェッジの中でもピッチングウェッジについで飛距離の出るアプローチウェッジ(AW)。今回、ゴルフファイトでは、アプローチウ...
【2022年】バンカー専用ウェッジおすすめ人気ランキング8選!
バンカーがなかなか抜け出せずに困っているという方必見。今回、ゴルフファイトでは、バンカー専用ウェッジの選び方や2022年...

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ウェッジ
GOLF FIGHT