【2022年】左に行かないドライバーおすすめ人気ランキング7選!選び方やコスパ最強製品も

ドライバーで左に引っかけてしまうことで悩んでいる方も多いかと思います。今回、ゴルフファイトでは、左に行かないドライバーの特徴、おすすめの左に行かないドライバー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の左に行かないドライバーをご紹介します。

ドライバー
スポンサーリンク

左に行かないドライバーの選び方

テーラーメイド(TAYLOR MADE) M4 ドライバー 2021 カーボンシャフト メンズ (R)

ドライバーショットでボールが左に行くのはインパクトでフェースが左を向いているからです。

その原因はもちろん打ち方やスイング軌道によることが多いですが、実はクラブの構造にも関係しています。

いまのドライバーより左に行きにくいドライバーに替えることで左に曲がるショットをある程度修正できます。
ここでは「左に行かないドライバー」の特徴と選び方を紹介します。

【2022年】ドライバーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ゴルフセッティングに是非加えて欲しい!今激推しのドライバーはこちら!今回、ゴルフファイトでは、ドライバーの特徴、おすすめ...

選ぶポイント1:フェース面の向き

ドライバーのフェース面の向きはクラブによって若干違いがあります。

やや右を向いている「オープンフェース」、やや左を向いている「クローズドフェース」、そして「スクエアフェース」です。

「左に行かないドライバー」は基本的に「オープンフェース」か「スクエアフェース」になっています。

「左に行かないドライバー」は見ただけではわかりにくいのでゴルフショップでよく聞いてから購入することをおすすめします。

選ぶポイント2:重心の位置

あまり意識したことはないかもしれませんが、ドライバーの重心の位置はメーカーやブランドによって異なります。

クラブの特性によって、フェース面からの距離(重心深度)、シャフトからの距離(重心距離)、ソールからの高さ(重心高)などが変わっています。

「左に行かないドライバー」は重心距離が長いものがおすすめですが、ゴルフショップでよく確かめてから購入しましょう

選ぶポイント3:クラブの重さ

ドライバーの重さも打球の軌道に関係しています。
一般的に軽いドライバーの方がつかまりにくく、左に行きにくいドライバーと言われています。

逆に女子プロのミスに、右へのスライスが多いのはクラブが軽すぎることが考えられます。

今はウエイト可変のドライバーもありますので、「左に行かないドライバー」を購入する際は、試打をして自分に合った重さを選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

【2022年最新版】左に行かないドライバーおすすめ人気7選

キャロウェイ EPIC MAX LS ドライバー Mitsubishi MMT 70カーボンシャフト装着 USA直輸入品 S 9度

ドライバーショットを左に引っ掛けやすい人は、もしかするといま使っているクラブに問題があるかもしれません。

「左に行かないドライバー」には構造上のきちんとした理由があります。
その特徴を理解してから選ぶようにしましょう。

ここでは常にランキングの上位を賑わす「左に行かないドライバー」の2022年版の最新おすすめ人気6選を紹介します。

テーラーメイド(TAYLOR MADE)

【テーラーメイド】M4ドライバー

オープンフェースと長い重心距離が特徴の「M4」最新モデルです。
持ち球がフック系の人でもつかまり過ぎて失敗することが少ないのがポイントです。

ツアーでも左に引っ掛けやすいタイプのプロが使っていることが多いようです。
また「ツイストフェース」というミスヒットをカバーしてくれる構造も嬉しいです。

キャロウェイ(Callaway)

【キャロウェイ】EPIC MAX LSドライバー

キャロウェイの新作EPIC MAXシリーズの中で最もつかまりにくいタイプが「LS」です。
低スピンで飛距離性能に優れたモデルです。

しかも慣性モーメントの高いヘッドを搭載しているので、直進性を備えながらも強い弾道の球筋が期待できます。

Ping

【PING】G425 LSTドライバー

G425シリーズの中では、左に行きにくいオープンフェースが特徴です。
球筋は中弾道ですがスピン量が低い(ロースピンテクノロジー)ので飛距離にそん色はありません。

「ドローポジション」「ストレートポジション」「フェードポジション」の3段階に弾道調整ができるので理想の球筋を得られます。

ヤマハ(YAMAHA)

【ヤマハ】RMX-VDドライバー

ヤマハの2021年モデルの中では最もつかまりにくいと言われるのがRMX-VDシリーズです。

スライド式可変ウエイトで重心角を調整することによりスクエアなインパクトを実現します。
ルール上限の慣性モーメントが安定性を生み出します。

タイトリスト(TITLEIST)

【タイトリスト】TSi3ドライバー

タイトリストらしい洋ナシ型のヘッドが特徴です。
460CCにもかかわらず小ぶりに見えるのでフェアウエイウッド感覚で打てます。

また弾道調整システムにより、5つの重心位置を選択できます
左に引っ掛けるミスをなくしたいゴルファーにピッタリのクラブです。

プロギア(PRGR)

【PRGR】RS-F5ドライバー

プロギアの中でもフェードが打ちやすいと評判なのがRS-Fシリーズです。
ただし極端につかまりを抑えているのではなく自然なパワーフェードが打てます

慣性モーメントが高いので、適度に低スピンで安定した球筋が得られます。
純正のカーボンシャフトとの相性も抜群です。

テーラーメイド(TAYLOR MADE)

【テーラーメイド】STEALTH PLUS

テーラーメイドから発売されている、STEALTH PLUS ドライバー(2022年モデル)右利き用、並行輸入品の紹介です。
クラブのロフト角は9°、シャフトはHZRDUS SMOKE RDX REDで長さ45.75インチとなっています。
弾道調整が出来るスライドウェイティングシステムが搭載されているので、自分に合った打ち出し角に調整できるので便利です。
またヘッドの後方に空気抵抗を軽減させるイナーシャジェネレーターを搭載しているので、ヘッドスピードが上がり、飛距離アップ間違い無しです。

スポンサーリンク

左に行かないドライバーについてまとめ

PING 2020 G425 LST(ロー・スピン・テクノロジー) ドライバー PING TOUR 173-65 カーボン装着 日本正規品 X 9度

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2022年】左に行かないドライバーおすすめ人気ランキング7選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 左に行かないドライバーの選び方
  • 【2022年最新版】左に行かないドライバーおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

左に行かないドライバー
さらに探すならこちら!

▼ゴルフ初心者ストア(Amazon)はこちら!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ドライバーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ゴルフセッティングに是非加えて欲しい!今激推しのドライバーはこちら!今回、ゴルフファイトでは、ドライバーの特徴、おすすめ...
【2022年】ピン社製ドライバーおすすめ人気ランキング8選!メンズ・レディース
ピン社製のドライバーを揃えました。今回、ゴルフファイトでは、ピン社製ドライバーの特徴、メンズ・レディース別におすすめのピ...
【2022年】飛距離の出るドライバーおすすめ人気ランキング10選!選び方・打ち方
ドライバーは、全てのゴルフクラブの中で最も飛距離を出すことのできるクラブです。今回、ゴルフファイトでは、飛距離の出るドラ...
【2022年】本当に良く飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコツを解説
色々ドライバーを試してみたけど、本当に良く飛ぶドライバーがどれか分からないと悩んでいる方も少なくないと思います。今回、ゴ...
【2022年】ゼクシオのドライバーおすすめ人気ランキング8選!メンズ・レディース
ゼクシオのドライバーを揃えました。今回、ゴルフファイトでは、ゼクシオのドライバーの特徴、メンズ・レディース別におすすめの...
【2022年】極厚なヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ヨガをはじめ、極厚なヨガマットがあると安心ですよね。今回、トレウィズでは、極厚なヨガマットの特徴、おすすめの極厚なヨガマ...
【2022年】防寒サウナスーツおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
防寒にちょうどいいサウナスーツをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、防寒サウナスーツの特徴、おすすめの防寒...

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ドライバー
GOLF FIGHT