【2022年】スリクソンのフェアウェイウッドおすすめ人気ランキング8選!メンズ・レディース

フェアウェイウッドをお探しの方は必見。今回、ゴルフファイトでは、スリクソンのフェアウェイウッドの特徴、メンズ・レディース別におすすめのスリクソンのフェアウェイウッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のスリクソンのフェアウェイウッドをご紹介します。

ウッド
スポンサーリンク

スリクソンのフェアウェイウッドの特徴・評判

ダンロップ(DUNLOP) スリクソン ZX フェアウェイウッド Diamana ZX50 カーボンシャフト メンズ 右利き ロフト角:18度 番手:#5 フレックス:S

ダンロップから発売されているブランドに、スリクソンとゼクシオがあります。

スリクソンはアイアンは毎年モデルチェンジをすることがありますが、ウッド系に関してはゼクシオと交互に各年で新モデルを発売しているのが特徴です。

ゼクシオがアベレージゴルファーをターゲットにしているのに対して、スリクソンはアスリート向けのラインという印象が強いです。

しかしアベレージゴルファーにスリクソンのクラブが使えないというわけでもないので、気になったモデルはまず試打して自分にあっているか確認することが大事です。

【2022年】フェアウェイウッドおすすめ人気ランキング7選!選び方やコスパ最強製品も
ゴルフの必需品!今年度大注目のフェアウェイウッド厳選集はこちら!今回、ゴルフファイトでは、フェアウェイウッドの特徴、おす...
スポンサーリンク

【2022年最新版】スリクソンのフェアウェイウッドおすすめ人気8選

DUNLOP(ダンロップ) フェアウェイウッド SRIXON Z F65 フェアウェイウッド SRIXON RX カーボンシャフト ロフト角:17度 番手:4W フレックス:S

最近ウッド系に搭載されているネック調整機能、いわゆるカチャカチャですが、最近のスリクソンのフェアウェイウッドには搭載されていないことが多いです。

他のメーカーではウッドからユーティリティにまで標準で搭載されているのがほとんどになってきたので、その点に違和感を感じなければとても品質の良いクラブが揃っています。

国産メーカーですし、何よりもあの松山英樹選手が契約しているブランドでもありますので、憧れから使用してみるのもいいかもしれません。

2年ごとの発売なので10年近く前のモデルもありますが、今回はそんなスリクソンからおすすめフェアウェイウッドを紹介します。

【メンズ向け】スリクソンのフェアウェイウッドおすすめ4選

スリクソンの契約プロには、マスターズ覇者にもなった日本を代表するゴルファー松山英樹選手や、星野陸也選手などがいます。

世界で活躍している選手も多数使用しているスリクソン、そのなかからおすすめモデルをご紹介いたします。

DUNLOP

【ダンロップ】スリクソン ZX

2020年に発売された、ゴルフダイジェストの2021年のHOT LISTで金賞に選ばれたZXを紹介します。

ラインナップは3番から7番までで、ロフト角は15度から21度までの範囲をカバーしてくれています。

5番と7番はヘッドがシャロー化されていて低重心に設計されているのと、フェースの薄肉化によって反発力の向上が図られています。

そのため、高い弾道でより遠くに飛ばしていけるような設計になっています。

ZX MKⅡにも採用された「REBOUNB FRAME」が採用されているので、飛距離性能も十分なモデルです。

また、このモデルもカチャカチャが搭載されていないので、シャフト変更の際はショップに持っていかないといけないので注意が必要です。

DUNLOP

【ダンロップ】スリクソン Z F65

2016年に発売されたZ F65は、最近発売されていない番手も展開されている珍しいモデルになります。

3+から3番4番5番7番のラインナップで、ロフト角は13.5度から21度までの展開になっています。

3+から4番までの3本までは飛ばす番手、5番と7番は狙う番手と明確に役割を分けて設計されているのが特徴です。

飛ばす番手の3本は反発エリアを拡大する「ストレッチフレックス・カップフェース」を搭載し、クラウンに段差を入れて低重心化が図られています。

狙う番手の2本はフェース上部でヒットした場合でもドロップしづらい効果がある溝が採用されていて、距離のバラツキを抑制してスピンがかかりやすい工夫がされています。

幅広い番手から自分が必要とする番手を選択しやすい1本です。

スリクソン(SRIXON)

【ダンロップ】スリクソン Z F45 TOUR

2014年に発売されたZ F45の別ラインに、Z F45 TOURがあります。

Z F45にはソールにウエイトが搭載されていましたが、このモデルにはそれが採用されていません。

そして最大の特徴はラインナップが3+と3番の2本のみという点です。

それぞれロフト角は13.5度と15度となっているので、ティーショットや距離のあるセカンドショットで使用する用途に限定されてしまいます。

しかしその部分で何かないかとお探しの方にはうってつけのモデルです。

Z F45にも採用された肉厚設計の「ブースターカップフェース」が採用されているので、打点のミスにも強く、遠くまで飛ばしてくれるそんな1本です。

数量限定発売のシリーズだったので流通量も多くないので、店頭で見かけた際は是非試打をしてみてください。

DUNLOP

【ダンロップ】スリクソン Z725

2012年に発売されたZ725は同年に発売されたZ525のモデル違いで、つかまり過ぎを気にせず叩いていけるモデルです。

ラインナップは3+、3番、5番、7番の4本で、ロフト角は13度から21度の範囲をカバーしてくれています。

カチャカチャが搭載されているので、シャフトの換装がしやすくなっているのも魅力的です。

やや小ぶりに感じるヘッドなので操作性が高く、上級者が好む外見をしています。

このモデルの最大の利点は、中古市場で1万円を切る価格で購入することができる点にあります。

【レディース向け】スリクソンのフェアウェイウッドおすすめ4選

スリクソンと契約している女子プロには、畑岡奈紗選手、小祝さくら選手や、勝みなみ選手、山下美夢有選手がいます。

活躍が目覚ましい選手が多数使用しているので、使用モデルを調べてお使いになるのもいいかもしれません。

DUNLOP

【ダンロップ】スリクソン ZX MKⅡ

2022年に発売された最新モデル、ZX MkⅡを紹介します。

ドライバーに採用されている、剛性の高いエリアと低いエリアを交互に配置した4層構造の「REBOUBD FRAME MKⅡ」が採用されていて、それによって大きなたわみを生み出してくれます。

その大きなたわみがボールの初速を向上させてくれる構造になっているのが特徴的なモデルになっています。

フェース周辺のソール部を肉厚にしたことによって、フェース下部でのミスヒットに強くなってくれています。

ラインナップは3番から7番までの3本で、ロフト角は15度から21度までの範囲での発売になっています。

最近主流になってきたネックのカチャカチャではなく接着タイプなので、お手持ちのシャフトを差し替えるといったことがし辛い点には注意が必要です。

DUNLOP

【ダンロップ】スリクソンZ F85

2018年に発売されたF85はクラウンに段差があり、それが打ち出し角を高めてくれる効果があります。

3番ウッドのみ後方がカーボン製になっていて、若干投影面積が大きく見えるような作りになっています。

ラインナップは3番から7番までの3本で、ロフト角は他のモデルと共通で15度で21度までの展開です。

低スピンの強弾道で前に進んでいってくれるので、距離のあるセカンドショットもしっかりと打っていくことができます。

発売から時間が経っていますが今でも十分使っていくことができるモデルになっています。

DUNLOP

【ダンロップ】スリクソン Z F45

2014年に発売されたZ F45は4番ウッドもラインナップされているモデルになります。

ラインナップは3番4番5番7番の4本で、ロフト角は15度から21度までの展開になっています。

3番ウッドには肉厚設計の「ブースターカップフェース」を搭載し、反発性能が向上し反発エリアも広くなっています。

打音にもこだわりのある設計となっていて、小さくて低くて響く音になるように調整がされています。

最近のモデルだとカチャカチャが搭載されていませんが、このモデルには搭載されているので気になるシャフトへの換装がスムーズにできるのが嬉しいモデルです。

発売から時間が経っているため中古での価格もお求めやすいものとなっていますので、気軽に手に入れて試すことができるのも魅力的な1本です。

DUNLOP

【ダンロップ】スリクソン Z525

2012年に発売されたZ725のモデル違いが、Z525です。

Z725との違いはヘッドの大きさで、こちらはアベレージゴルファーでも安心して振っていけるようにやや大きめに設計されています。

ラインナップは3番、5番、7番の3本で、ロフト角は15度から21度の範囲をカバーしてくれます。

カチャカチャも搭載されているので、シャフトの換装がやりやすいメリットがあります。

Z725と同様に、中古市場で1万円を切る価格で販売されているので、気軽に購入することができるのも嬉しいモデルです。

スポンサーリンク

スリクソンのフェアウェイウッドについてまとめ

【中古】ダンロップ SRIXON スリクソン Z F45 TOUR フェアウェイウッド Miyazaki Kosuma Blue 6 【3W】 2005567992

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2022年】スリクソンのフェアウェイウッドおすすめ人気ランキング8選!メンズ・レディース」というテーマに沿って、

  • スリクソンのフェアウェイウッドの特徴・評判
  • 【2022年最新版】スリクソンのフェアウェイウッドおすすめ人気8選

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ゴルフ初心者ストア(Amazon)はこちら!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】フェアウェイウッドおすすめ人気ランキング7選!選び方やコスパ最強製品も
ゴルフの必需品!今年度大注目のフェアウェイウッド厳選集はこちら!今回、ゴルフファイトでは、フェアウェイウッドの特徴、おす...
【2023年】名器フェアウェイウッドおすすめ人気8選!歴史的名器〜初心者向け
やや使いこなすのが難しいと言われているフェアウェイウッド。今回、ゴルフファイトでは、名器フェアウェイウッドの選び方や20...
【2023年】名器フェアウェイウッドおすすめ人気8選!歴史的名器〜初心者向け
やや使いこなすのが難しいと言われているフェアウェイウッド。今回、ゴルフファイトでは、名器フェアウェイウッドの選び方や20...
【2023年】飛ぶフェアウェイウッドおすすめ人気ランキング8選!ドライバーより飛ぶ?
時にはドライバーよりも飛距離が出ることもあると言われるフェアウェイウッド。今回、ゴルフファイトでは、しっかりと飛ぶフェア...
【2023年】飛距離の出るフェアウェイウッドおすすめ人気ランキング8選!
スコアを稼ぐためには安定した飛距離をフェアウェイウッドで出せるようにすることが大切です。今回、ゴルフファイトでは、しっか...

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

フェアウェイウッド
GOLF FIGHT