【2021年最新版】スリクソンの歴代ドライバーおすすめ人気ランキング12選!一覧表

スリクソンのドライバーには、実に様々な種類があり、ついどの製品を選べば良いか迷ってしまうという方も少なくないと思います。今回、ゴルフファイトでは、スリクソンの歴代ドライバーを2021年最新の商品から一挙まとめてご紹介。ぜひご覧ください。

ドライバー
スポンサーリンク

スリクソンの歴代ドライバーをご紹介!

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON スリクソン Z525ドライバー SV-3026J シャフト ロフト 10.5度 フレックス SR 日本仕様

スリクソンはダンロップが発売しているドライバーです。
2009年にZシリーズの先駆けとなる初代Z-TX ドライバーを発売しました。

以降、ZやZXなどスリクソン ドライバーとして有名シリーズが続々と発売されています。

ちなみに、「Z」と付けられている理由としては、アルファベットの最後にくるZを使うことで、「これ以上先は存在しない」という究極をイメージして名付けられています。

以下にスリクソンの歴代ドライバーを一覧表∞20でまとめました。

2009年スリクソン Z-TX ドライバー(初代)
2010年スリクソン Z-TX ドライバー(2代目)
2010年スリクソン Z-TX ツアー ドライバー
スリクソン Z-TX ツアー P-420 ドライバー
2012年スリクソン Z525 ドライバー
スリクソン Z725 ドライバー
スリクソン Z925 ドライバー
2014年スリクソン Z545 ドライバー
スリクソン Z745 ドライバー
スリクソン Z945 ドライバー
2016年スリクソン Z565 ドライバー
スリクソン Z765 ドライバー
2017年スリクソン Z565 TG ドライバー
2018年スリクソン Z585 ドライバー
スリクソン Z785 ドライバー
2020年スリクソン ZX5 ドライバー
スリクソン ZX7 ドライバー

Zドライバーは角度と重心の調節を行うことができます。
これは、ソールウェイトとQTSスリーブが搭載されており、かつ交換することができるからです。

ロフト・ライ・フェース角だけでなく、重心調節も行えるので、自分にあった使い勝手のいいドライバーにカスタマイズができます。

それでは、一覧表でも紹介したスリクソン歴代ドライバーの特徴を比較しつつ、シリーズごとでのおすすめ歴代ドライバーを2021年最新の人気ランキング形式で紹介していきます。

おすすめの歴代ドライバーから新作のドライバーまで網羅して紹介しているので必見です。

スポンサーリンク

スリクソンZシリーズの2012年歴代ドライバー2選!

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON スリクソン Z725ドライバー Miyazaki KENA Blue6 シャフト ロフト 9.5度 フレックス S 日本仕様

2012年モデルのZドライバーは、ヘッドが洋梨型になっていて、操作性の高い作りとなっています。

冒頭でも紹介しましたが、初代モデルから角度と重心の調節を自分好みに合わせてカスタマイズできるのが特徴です。

【スリクソン】Z525 ドライバー

Z525 ドライバーは発売されたZシリーズの中でも、ヘッド体積が460㎝³と大きめな作りです。
そのため、初心者の方にも扱いやすいドライバーとなっています。

【スリクソン】Z725 ドライバー

Z725 ドライバーのヘッド体積は425㎝³と2012年モデルでは中間的大きさとなっています。
ウェイトが左右に1つずつ配置されていて、オプションも含め3〜11gと細かく調整できます。

球のつかまり度合いや振りやすさに合わせられる、使い勝手の良いドライバーです。

スポンサーリンク

スリクソンZシリーズの2014年歴代ドライバー3選!

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON スリクソン Z545ドライバー Miyazaki Kosuma Blue 6 シャフト 9.5S Z545 BL6 S 9.5 45in

2014年モデルのZシリーズのドライバーは、545以外はウェイト調節部位が2つから1つ飲みと改良されています。

ヘッド体積の振り幅も前作と比較すると狭まっており、どのシリーズを使用しても安定したショットを打つことができます。

【スリクソン】Z545 ドライバー

スリクソンのZ545 ドライバーには、ウェイトフィッティングというシステムが備わっています。
ソール部分にある前後のウェイトを調節できる機能なので、好みの弾道に合わせて調節ができます。

【スリクソン】Z745 ドライバー

Z745 ドライバーは、2014年に発売された3つのZシリーズの中で中間タイプにあたるドライバーです。

前作のZ525 ドライバーのヘッド体積が425㎝³だったのに対し、このZ745 ドライバーは430㎝³と少し大きめの作りになっています。

コントロール性もよく、中弾道で飛距離を伸ばせます。

【スリクソン】Z945 ドライバー

Z945 ドライバーは、2014年発売の歴代ドライバーの中で最もヘッド体積が大きく400㎝³となっています。
低めの弾道で飛距離を伸ばせるので、上級者向けのドライバーとも言えます。

ヘッドスピードが速めで、安定感のあるシャフトが好みの方に特におすすめです。

スポンサーリンク

スリクソンZシリーズの2016年歴代ドライバー3選!

DUNLOP(ダンロップ) ドライバー SRIXON Z565 ドライバー Miyazaki Kaula MIZU5 カーボンシャフト ロフト角:10.5度 番手:1W フレックス:S

2016年のスリクソン歴代シリーズからは、3種類あったヘッドサイズが1種類減り、5と7シリーズのみの発売となりました。

リップエフェクトテクノロジーと呼ばれる新技術が搭載され、低重心を維持しつつスピン軽減を行える安定感の強いドライバーとなっています。

【スリクソン】Z565 ドライバー

Z565 ドライバーは、ヘッド体積460㎝³とこれまで発売された5シリーズ同様、大きめのヘッド体積となっています。

ヘッド形状も丸みを帯びた作りとなっているので、高弾道のショットが狙えます。

【スリクソン】Z765 ドライバー

Z765 ドライバーは、ヘッド体積445㎝³、ロフト角は9.5と10.5度を展開しています。

前回の2014年シリーズよりも慣性モーメントが18%もアップしているので、中弾道の飛距離を安定して伸ばせます。

【スリクソン】Z765 リミテッドモデル ドライバー

先ほど紹介したZ765モデルよりもヘッド体積が440㎝³と小さく、フェース形状もディープな作りになっています。

操作性が高く、強い弾道で飛ばすことができるので、上級者向けのドライバーと言えます。

スポンサーリンク

スリクソンZシリーズの2018年歴代ドライバー2選!

DUNLOP(ダンロップ) ドライバー SRIXON Z585 ドライバー Miyazaki Mahana シャフト カーボン メンズ 右 ロフト角:9.5度 フレックス:S

2018年のスリクソン歴代Zシリーズは、5・7モデルどちらもヘッド体積が460㎝³と統一されました。

今作はクラブの長さが0.25インチアップしていて、飛距離がより伸びやすくなる設計となっています。

【スリクソン】Z585 ドライバー

Z585 ドライバーからカーボン素材が導入されています。

ヘッドが低重心な作りとなっているので、ヘッドスピードが遅めの方も振り抜きやすく、高弾道で飛んでくれます。

【スリクソン】Z785 ドライバー

Z785 ドライバーは、Z585よりもアスリート向けの作りで中弾道で飛ばせるドライバーとなっています。

操作性が良く、打感も柔らかいので、プッシュやスライスを減らしたいという人に特におすすめです。

スポンサーリンク

スリクソンZXシリーズの2020年歴代ドライバー2選!

DUNLOP(ダンロップ) スリクソン ZX5 ドライバー Speeder Evolution 7 2020年モデル 9.5゚ S 95°

ダンロップが発売しているスリクソンシリーズでは最新のドライバーになります。
冒頭でも紹介しましたが、これまでのZという名称からZXと呼び名を改めています。

ヘッド体積は前作同様2種類共に460㎝³と同じですが、REBOUND FREAMという4層のたわみ構造が搭載されたことで、反発性能が格段に向上された作りとなっています。

【スリクソン】ZX5 ドライバー

ZX5 ドライバーは、これまで発売されたシリーズよりも反発性能が111%も向上しています。

振動を最小限に、かつたわみを活かしたショットが狙えるため、ブレを抑えた安定感のあるショットが狙えます。

【スリクソン】ZX7 ドライバー

ZX7 ドライバーは、ZX5と比較すると、ヘッドの後方部分がやや持ち上がり、奥行きも浅い作りとなっています。

そのため飛距離だけでなく、スピンを抑えるなど操作性も重視したい方におすすめのドライバーです。

スポンサーリンク

スリクソンの歴代ドライバーについてまとめ

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON スリクソン Z745ドライバー Miyazaki Kosuma Blue 6 シャフト 9.5S Z745 BL6 S 9.5 45in

いかがでしたでしょうか?

今回、ゴルフファイトでは、「【2021年最新版】スリクソンの歴代ドライバーおすすめ人気ランキング12選!一覧表」というテーマに沿って、

  • スリクソンの歴代ドライバーをご紹介!
  • スリクソンZシリーズの2012年歴代ドライバー2選!
  • スリクソンZシリーズの2014年歴代ドライバー3選!
  • スリクソンZシリーズの2016年歴代ドライバー3選!
  • スリクソンZシリーズの2018年歴代ドライバー2選!
  • スリクソンZXシリーズの2020年歴代ドライバー2選!

といったことをご紹介してきました。

他にも、ゴルフファイトでは、ゴルフに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、ゴルフに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ゴルフ場予約なら「楽天GORA」

▼本気でスコア改善を目指すなら「RIZAP GOLF」





この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年最新版】テーラーメイドの歴代ドライバーおすすめ人気ランキング18選!
テーラーメイドのドライバーは、非常に人気の高いクラブであり、多くのゴルファーに愛されています。今回、ゴルフファイトでは、…
【2021年最新版】キャロウェイの歴代ドライバーおすすめ人気ランキング13選!
キャロウェイのドライバーには、実に様々な種類があり、ついどの製品を選べば良いか迷ってしまうという方も少なくないと思います…
【2021年最新版】ゼクシオの歴代ドライバーおすすめ人気ランキング11選!
ゼクシオのドライバーには、実に様々な種類があり、ついどの製品を選べば良いか迷ってしまうという方も少なくないと思います。今…
【2021年最新版】テーラーメイドの歴代アイアンおすすめ人気ランキング14選!
テーラーメイドのアイアンには、実に様々な種類があり、ついどの製品を選べば良いか迷ってしまうという方も少なくないと思います…
【2021年最新版】ゼクシオの歴代アイアンおすすめ人気ランキング14選!
ゼクシオのアイアンには、実に様々な種類があり、ついどの製品を選べば良いか迷ってしまうという方も少なくないと思います。今回…

監修者:ゴルフファイト(GOLF FIGHT)編集部

「GOLF FIGHT」は、ゴルフをもっと楽しく豊かにをテーマにした、ゴルフの総合情報ポータルサイト。ゴルフのやり方・コツ、おすすめのゴルフ用品、人気のゴルフ場といった様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。人気商品や最新グッズ、ゴルフの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ドライバー
GOLF FIGHT